日本最大級の、広大な荒尾干潟。有明海の恵を受けた漁場です。

荒尾干潟はとても広いんだよ

荒尾漁協は、
熊本県最北部の荒尾干潟で
漁業を営んでいます。

荒尾漁業協同組合は、熊本県最北端にある漁業協同組合です。有明海に面しておりアサリ貝採捕、海苔養殖等の漁業が盛んです。荒尾地域には、最大6メートルの干満差がある国内最大級の荒尾干潟があり、平成25(2013)年7月にラムサール条約に登録されました。

araonori_photo
有明海初摘み

荒尾海苔

荒尾で最も優れた初摘みだけで作りました。
生産者たちのこだわりが光る逸品です。

\アサリ、マジャク、海苔など/

荒尾干潟で採れるもの

最大6メートルの干満差がある国内最大級の荒尾干潟。
有明海の豊かな恵みを受け、荒尾干潟で採れる主なものを動画と写真でご紹介します。

take_photo01

荒尾のアサリは天然100%。漁場を耕して、自然の惠を大事に育てています。

take_box_bg01

国内でも収穫できるのは荒尾など限られた場所のみ。貴重な食材、マジャク。

take_box_bg02
take_photo02
take_photo03

海苔養殖は繊細な行程の連続。丁寧に、おいしい海苔を育てます。

take_box_bg03
about_photo
point_wave
icon_about

荒尾漁業協同組合について

荒尾漁業協同組合は、熊本県最北端にある漁業協同組合です。有明海に面しておりアサリ貝採捕、海苔養殖等の漁業が盛んです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
point_wave
sale_icon

荒尾漁協直売所のご紹介

特産品の海苔、アサリ、マジャクの他、魚介や加工品を取り揃えています。

荒尾干潟は
ラムサール条約に
登録されています

荒尾干潟には、多くの渡り鳥が秋から春にかけて飛来し、中継地、越冬地として荒尾干潟に滞在します。
シギ・チドリ類を中心に、絶滅危惧種に指定されている、クロツラヘラサギや、ツクシガモ、ズグロカモメなども飛来し、渡り鳥にとってなくてはならない干潟となっています。
ラムサール条約に登録された、自然豊かな荒尾干潟を未来に残すため、荒尾漁業組合でも美化活動に力をいれています。

※荒尾市のWebサイトにリンクします

IMG_3063